LAMPエンジニアってこういうもんでしょ

こういうもんでしょって話をつらつらと

会社都合退職だからってお金が貰えると思うなよ

前回のブログで「会社都合で退職することになった」旨をお伝えしておりましたが
自分の勘違いで権利行使出来なかった部分があったので
情報共有の意味も込めてブログをしたためている次第です。
ざっくりした内容はひとつ前のブログを見てください。

 

htanaka0828.hateblo.jp

 

時系列としては6/24(水)にミーティングがあって、6/30(日)付けの退職になります。
ミーティングの中で、「雇用の継続が出来ない」という話があったので
「転職先もすぐ見つかるかわからないし転職するにしても引っ越ししないと~」という話をしていたのですが
たなかの状況に関わらず会社としては退職してもらわないと困る、という話でした。
会社都合退職である旨を確認していたので、30日間から退職までの間の期間である6日を引いた
24日分の給与と相当額が支払われるのかなと思っていました。

「そうだよね」と思ったそこのあなた

 

間違いです

 

この時の手続きは「退職勧奨」というもので
「解雇」とは違い「双方合意による退職」なので、上記にある「解雇予告手当」は法律上は不要らしいです。
ネット上にこの辺りがごちゃごちゃになっている文献がちょいちょいあったので
退職の際には「自己都合」「会社都合」だけでなく
「解雇」なのか「退職勧奨」なのかの確認もしっかりとしておく必要があります。

 

ちなみにこの件、労働基準監督署と法テラスにも相談して
「そうなの?」って聞いたら「そうだよ」って回答でした。
少なくとも勧奨された時点でごねていたら状況は違ったようです。
「実質的に解雇じゃねーか」って騒ぐ事は出来るのかもしれませんが
自分で動くのは疲れるので誰か検証したら教えてください。

 

退職勧奨については会社からの「お願い」になるので
「無理!」って言う事も「色付けてよ」って言う事も可能です。
ここは交渉の世界の話ですね。
交渉が決裂すれば解雇になるのか継続雇用になるのかはケースバイケースだと思いますが
誰か交渉の場だと教えておいてくれよって気持ちはあります。
普通に解雇だと思ってたわ・・・。

 

離職には色んな状況があると思いますが
とにかく会社から退職を打診されたら
返答は保留してどういう権利があるのかを専門家に相談した方が良いです。
何となくの知識では、あると思っていた権利が無かったり無いと思っていた義務が発生したりしかねない上に
確定した後にひっくり返すのは相当な労力です。
法律に関していんたーねっつの情報は不確かな事が多いのでちゃんと裏どりをするべきだなと思いました。
まあそんな知識が必要になる場面が無い方が良いんですけどね。

 

こちらからは以上です。
引き続きよろしくお願いいたします。

【再び】会社都合退職になりました【2年ぶり2回目】

Facebookでチラッと呟いたらたくさんのいいねとかいいねとかいいねとかいただいたので
事の経緯をちゃんとお伝えした方が良いかなと思い
でもブログってここぐらいしかないしな~とか思い
フォントが見にくい人はスマホで読んでねとか思い

とりあえずつらつらと書いていきます。
ただ詳細が書けない部分もあるのでぼかしがある事はご勘弁ください。
目を細めると見えるって誰かが言っていました。

 

事の経緯はある日のウィークリーのミーティングにて
マネージャーから「会社の資金繰りがやばいかもしれない」というお話がありました。
現在絶賛調整中だから誰にも言わないでね、ということと
進展があれば随時共有します、という事
直近は通常通り業務をしてくださいねという事を聞いてその日は解散になりました。

そして先日
「いよいよどうにもならないので人員整理をしていきます」という旨を内包したミーティングがありました。


社長と
マネージャーと
たなか

オンラインでテレビ電話でのミーティングでしたが
社長の顔色が悪かったのを覚えています。

そのミーティングの中で
今回の事態に至った経緯
月末付で退職をして欲しいこと
退職までに残留するメンバーへ引継ぎをしてほしいということ
もし引継ぎが間に合わないのであれば来月以降も時給で引継ぎ作業をお願いする可能性があること
などを話しました。

正直なところ会社都合退職は2回目なので
どう動けば良いかとかはすぐに何となく目途が立ったので
基本的には会社の要請を受け入れて2019年の6月末で退職する事に合意しました。

ちなみに直後に知り合いの社長に連絡して次の転職先についてはもう決まっています。

 

ただここから大変なのが

 

引っ越し

 

今までの会社の拠点が藤沢にあった事や基本が在宅リモートだったこともあって
神奈川県央地域に住んでいました。
最寄り駅から徒歩50分
最寄りのバス停は1日3本という車社会の真っただ中です。
ただ来月からは23区内に通う事になるので
少なくとも駅の近くに住まないといけないなと。

 

これから退去の手続きをして明日は入社手続きからの物件探しです。
順番がめちゃくちゃですがとりあえずやる事やっていかないとまずいのでそういう感じです。
しばらくバタバタしますが何卒なにとぞ。。。

「アナログな仕事にシステムを導入すると効率が上がる」は幻想

toBシステムが好きなクセにtoBらしい固い組織が苦手です。
すぐに(精神的に)殴りかかりたくなるので良くないなと反省する日々です。

面白い記事があったのでまずは共有から

note.mu


いわゆるHRテック業界のお話です。
ただここに書かれているお話はHRテックに限らず様々な業界で起きていると思います。
悪い言い方をすると「システム化して効率を上げたいんです」病です。
雑談レベルの話からきちんとしたお仕事の話、エンジニア間での夢の話などなど
「ある程度のお金の規模がある業界なのにまだシステムが入っていない業界にシステムを導入したら効率が上がってがっぽがっぽ儲かる」のか問題についてです。

 

これらを実際に押し進めようとする時に必ずぶつかる問題があります。
「何をシステム化するのか」
というお話です。

粒度の差はあれど、これ系のお話はだいたい同じ線をなぞる気がします。

「自動化してデータを集めて解析して効率を上げたい」

だいたいこういう話です。


『何を』『どうやって』自動化して

『どんな』データを集めて
『どの部分を』解析して

『どのように』効率を上げたい

という部分が固まっている事は稀です。
多く話を聞くのは事業化していないレベルの話がほとんどなので
もちろん固まっていない事は多々あると思いますが
業務フローの改善、標準化、定型化も無いままに
「システムを導入すればあらゆる事が改善される」
と考えている人は意外なことに非常に多いと感じます。

 

人口知能や機械学習の分野が流行っていますが
基本的にはシステムは人間が出来る事以上の事は出来ません。
しかもとても融通が効かないのです。
「言われた通りにしか動けない新卒」に腹を立てるわりには
「作られた通りにしか動かないシステム」には何か魔法がかけられていると感じてしまうのは
人間の妙という気がします。

 

システムが得意な事は
「同じ事を(言われた通りに)繰り返すこと」
「記憶を(人間より)忘れないこと」
「単純作業が早いこと」
ぐらいなもので、人間が電卓を打って書類をまき散らし手紙を送るぐらいの事を高速化しているに過ぎません。

 

エンジニア採用をしてアナログ業務の効率化をしたい方は
関係会社に仕様書が送れるぐらいに業務を見つめなおしてみてください。
それが難しそうなら最初に採用するべきはエンジニアではなく業務コンサルの人です。
その状況で業務効率化を目指してエンジニアを採用しても
エンジニアの業務の効率が悪すぎて本末転倒です。

 

 

偉そうにずらずら書きましたが
今日も僕は元気です。